teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


社会参加を求めて

 投稿者:岩手の元盲ろう会員  投稿日:2014年 5月 3日(土)20時59分44秒
   要約した書き方だけど親を馬鹿とか岩手の盲ろう友の会の暴走振りを暴いても法律的特権があるようで何一つ効果無く、抗議を断念して別の団体に入ろうとした。
 ところが抗議を辞めて2ヶ月なのに地元一ノ関では社協の中の団体は社協からの妨害で知らん顔のまま断念。地元がこれだから県庁にお願いした。
 これは県庁に抗議に行っても課長は雲隠れしかしなく代わりに相手した人は何一つ約束しなかった。
 そればかりか親を馬鹿だと妥協したらと言われ、拒否したらかん口令を敷かれたのだ。
 だから今度3度目は課長を呼んでくださいとして本当に来た。 今の課長は替わっていてはっきりと話してくれた。
 親を馬鹿とは考えられないという。それでも拒否がかん口令だから前課長は知っていたことになる。それにこれはメールで読んだことで間違いない。とすると失言ではないか。
 そして福祉は団体対個人に関われないとはっきり言われたのだ。 団体探しも一人でやるしかないと。そうとなると判りましたというしかなく福祉ともやっと和解になった。
 新しい課長に対して岩手の盲ろう友の会の暴走振りも話した。 聞くだけではあるが。
 既に掲示板に書いたように直接岩手の盲ろう友の会の暴走振りを話した。
 宗教を押しつけて反省より改心を求める。
 別の団体へは相談員の密告から悪口妨害が入り内定が取り消された。別団体へは口封じに悪口妨害を計る。更に抗議に対して脅迫電話を掛けられた。この妨害と脅電話は事務局長の奥さん。  事務局長は親を馬鹿だと認めろと言う。更に掲示板の中に入ってまでお前の親父は馬鹿なのだとあざ笑いして居た。
 謝罪も見解もなく白紙化も蹴り、差別は当然だと、だだこねているだけではないか。
 謝罪求めても1年4ヶ月も逃げ回っている。
 既に全国の掲示はにおなじみになっている。これんが岩手の誇るボランティアか。聾唖協会へのごますりが暴走を招きそれを俺たちの正義にしている。口封じから8年も通訳差別が来ているのだ。団体の暴走は止められないからこそ余計に暴走する。
 トラブルの発端は現職聾唖協会会長だから。これらは掲示板だけでなく福祉課の課長達にも直接話したのだ。恥さらしではないか。
 
 

 社協も福祉も社会参加は推薦と妨害2刀流

 投稿者:岩手の元盲ろう会員  投稿日:2014年 4月10日(木)10時55分52秒
   もうかなり前の事だが聾唖者の嘘を怒ったら所属団体岩手県盲ろう者友の会に次期県聾唖協会会長婦人の一声で黙らせろとなり、事務局長からお前の親父は馬鹿なのだ。妥協しろと言いだした。
 馬鹿らしくて退会すると、宗教を押しつけて聾唖者はかわいそうなんです。だから…と、反省より改心を求める。親を馬鹿と認めろと。
 別の団体に入ろうとすると相談員の密告から友の会事務局長の奥さんから悪口妨害が入って内定が取り消され、怒って抗議したら来たのはその奥さんからの脅迫電話だけ。
 福祉は妥協したらとしか言わず、拒否がかん口令を敷かれた。
 親の汚名だけでなく復権をかかる。相手は友の会事務局長。
 福祉がやっと公平になって謝罪求めると逃げ回る事1年4ヶ月。
 謝罪も見解も白紙化も蹴り、差別は当然だと、だだこねている。  掲示板で抗議を続けていたが中に入ってお前の親父は馬鹿なのだとあざ笑いしていた。それでも福祉は岩手の看板団体として全ての暴走は目こぼしにする。法律的特権もあって抗議は5年目の今年1月で断念。復権だけにした。
 抗議を辞めたら社協も福祉も問い合わせを無視出来ないはず。
 別団体に行くのに一ノ関社協の中の障害者の会ので妨害した。
 更にかん口令の中口を滑らしたのが2人も出た。それが騒ぎになってかん口令の意味だけで理由は問わないと言っても知らん顔。理由は言わなくても口封じだとばれるからなのか。団体を守る事は岩手のメンツなのか。8年も通訳と関わっていない圧力なのだ。友の会を抗議辞めてもちっとも変わらない。
 別の団体に入るのに友の会が2つ目まで妨害し、3つ目は抗議を辞めて2ヶ月一ノ関社協の妨害。こうなると4つ目は県庁の協力を仰ぐしかないのに県庁も無視している。岩手は福祉も社協も社会参加かは推薦と妨害の2刀流なのか。
 友の会は岩手の看板団体。口封じから余所の団体に行かせない。  聾唖者の社会は普通の常識論も法律も通らない。
 例えば聾唖者に手紙で遊びに来いと出したらどうなりますか。
 字が読めなくて返事しない。大事な話ならもめ事です。それが知らなかったと言えば正義になる権利を持っている。これは故意に使うと嘘も方便になる。
 通訳は聾唖協会に気配りしてけしかけあおりそうだその通りだと言い、俺たちの仲間を守れと更に正当化を図る。これでは福祉は何もなかったことにするしか解決策がない。仲間を守れと言うのは暴走でも正当化する。福祉は何もなかったことにするだけでなくこちらを犯罪者に仕立ててもと言いたいのか。抗議を辞めたと言ってもたかが聾唖者の一人くらいと見ているのか。別団体も復権も遠のく。8年流も口封じするのか。








 

社会参加妨害は勧めるのと2刀流

 投稿者:岩手の元盲ろう会員  投稿日:2014年 3月14日(金)19時55分30秒
  地元社協は先に相手にするなと言われていては身体障害者者福祉協議会の会長はいくら待っても返事しない。会長から一言も来ない。2ヶ月前から返事がない。
 友の会へ非難を辞めても口封じはそのままだと言うことになる。 のらりくらり時間だけ過ぎて行く。そして3つ目の団体一ノ関身体障害者福祉協議会は一ノ関社協の妨害で断念になったことになる。
 福祉や社協は障害者の社会参加を勧める立場にいる。岩手は妨害しかしないのか。
 最初は県難連(岩手県難病団体連合会)。2つ目は大阪の盲ろう者友の会。そして今度の3つ目に当たる。
 友の会を非難しないことで社協は逃げ回るのを辞めて問い合わせも答えなければならないとして係がやっと何年ぶりかで出てきたのだ。それでも口封じ相手にするなという妨害は続いている事になる。
 友の会の圧力で通訳抜きは8年目になる。差別は福祉の容認にされる。そのストレスから社会参加しようとしたのに完全参加平等とは岩手以外のことなのか。
 妻を亡くし、息子は間もなく独り立ちして一人暮らしになる。 通訳ボランティアは圧力で8年も関わっていない。気晴らし求めるのが何故悪いのか。
 こうなることも予想して4つ目も進めている。妨害すればまたやったというイメージしか出ないだろう。
  最初から2つ目までは友の会の悪口妨害。3つ目は一ノ関社会福祉協議会からなのか。一ノ関身体障害車者福祉協議会は社協の中にあり問い合わせ係に妨害するなとメールしていて障害者の会長には手紙出している。どっちも2ヶ月知らん顔している。
 社協の妨害だと言うことになる。
 社会参加を勧めるはずの社協が妨害した。。完全参加平等。自立支援。差別禁止法は何のためなのか。勧める立場の社協が妨害しているのだ。友の会関係は反省より改心を求めて宗教を押しつけてくる。



http://説明不能な正義の理屈

 

帰洛

 投稿者:かおり  投稿日:2009年 9月 8日(火)01時51分43秒
編集済
  久しぶりにこの掲示板おとずれました

あすより京にまた住みます
どうぞよろしゅうに

http://smokekaori.exblog.jp/
http://npopeaceon.org/
 

8か月ぶりの管理人です

 投稿者:かおり  投稿日:2008年 4月29日(火)20時49分36秒
  ひさびさにのぞいたら
広告が入るようになってますね・・・

日々のことはsmokeエプロンメモというブログに書いてます

http://smokekaori.exblog.jp/

 

新ページ

 投稿者:かおり  投稿日:2007年 9月 2日(日)21時15分21秒
  こんにちは、かおりです。
smokeも諸々整理しなおさないといけないなと思っています。
幾つかブログが増えたので、合わせて見てくださいね。
トップページからも行けるようにしました。

・smokeエプロンメモ
日々の食卓を綴る日記。毎日更新する予定。
http://smokekaori.exblog.jp/

・PEACE ON DAYS
PEACE ONの仕事ブログ。ほぼイラク話。
http://peaceonkao.exblog.jp/

・smoke!ドアノック協会
極私的、お笑い動画リンク集。
http://smoke-kaori.blogspot.com/
 

【美術展のご案内】アラブ現代作家展~ARABIAN ART IN JAPAN~

 投稿者:かおり  投稿日:2007年 3月16日(金)16時31分38秒
  アンマンからエイヤコラと背負って帰ってきたアラブ絵画の逸品どもを、銀座の画廊で2週間どーんと展示します。乞うご期待。この貴重な機会に、どうぞ足をお運びください。

○● 転送転載歓迎 ●○

■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■アラブ現代作家展~ARABIAN ART IN JAPAN~

NPO法人PEACE ONの文化交流プロジェクト「LAN TO IRAQ」はこれまで、日本や韓国の数十の都市でイラク現代アート展を開催、2005年、2006年にはイラク人画家のハニ・デラ・アリさんとシルワン・バランさんを招聘しました。「混沌からの光」-未だ戦火の止まない芸術の都バグダードからの一条の光。
そして今回、イラクのみならずヨルダン、シリア、イエメン、エジプト、スーダン、サウジアラビアのアラブ諸国からの作品を一挙に取り揃え、アラブ現代作家展をおこないます。悠久の歴史をたたえたアラブの文化をぞんぶんにお愉しみください。

……………………………………………………………………………
会期:2007年3月19日(月)~31日(土)
 11:00a.m.~7:00p.m.(日祝休廊/最終日4:00p.m.まで)
※19日(月)5:00p.m.より、オープニングパーティ。飲食物の持ち寄りを歓迎します。
会場:中和ギャラリー
 (東京都中央区銀座6-4-8曽根ビル3F/03-3575-7620)
出展国:イラク・ヨルダン・シリア・イエメン・エジプト・スーダン・サウジアラビア
協力:NPO法人PEACE ON
 (office@npopeaceon.org/03-3823-5508)
……………………………………………………………………………

※今回は作家の来日は、予定していません。

○● 転送転載ここまで ●○

http://npopeaceon.org/lantoiraq/index.html

 

復活宣言

 投稿者:かおり  投稿日:2006年12月11日(月)10時49分48秒
  管理人のかおりです。

1年以上もこの掲示板を放ったらかしで、ほんとうすみませんでした。
また、mixiではたまに駄文を書き連ねていたのですが、ここsmokeのjournalはなおざりにしてしまい、読んでくださっていたかたもさぞ呆れてらしたことでしょう。
書きためていたものをまとめて今、journalどんどん更新しています。だいぶ文章力は落ちているのは認めつつも、それを晒してわたし復活します。
どうぞこれからもご贔屓に、よろしゅうお願いしますね!
 

3人のイラクの友、来たる!(そして賛同のお願い)

 投稿者:かおり  投稿日:2005年11月15日(火)02時09分21秒
  「アンマンにて」で途切れていましたが、もう帰国しています。おひさしぶりです。


さて、このたび大すきな3名のイラク人を日本へ呼ぶことになりました!

◆転送・転載歓迎◆

~イラク 混沌からの光~
イラク人画家&PEACE ON現地スタッフ来日決定!

あの戦争から2年半、いまだに混沌とするイラクから、戦渦に呑まれながらも今日も独自の表現を追求し芸術による抵抗を続けるイラク人若手画家、ハニ・デラ・アリ氏の来日が決定しました。また、イラク支援&文化交流NGO「PEACE ON」の立ち上げから共に活動を続け、命がけで日本との友情の絆を繋ぎとめてきたイラク人現地スタッフ、サラマッド・ハキ・モハメッド氏と、彼のパートナーでもあるアマラさんも来日します。

メソポタミア文明の時代から、悠久の歴史が育んだ豊かな文化が煌くイラクから、そして中東における芸術の中心地であった都バグダードからの希望の光。知られていないイラクの現代アートに直に触れ、伝えられないイラクの現実に耳を傾け、絶望的な状況の中でも活動を続ける彼らの巨大な意志の力を感じてください。

*招聘総合案内のチラシをダウンロードできます。両面印刷して、どうぞお配りください。
http://npopeaceon.org/word/shouhei.pdf


==◇ 賛同のお願い ◇==============================
3人の日本招へい企画を成功させるため、多くの方の賛同をお願いします。

賛同金 個人一口1000円~ 団体一口3000円~
賛同金振込先 郵便振替 00160-2-647637 口座名 PEACE ON
*備考欄に「イラク人来日企画賛同」とご記入ください。
*匿名ご希望のかたはその旨お書き添えください。

PEACE ONは法人化から2年未満の小さなNPOということもあり、助成金などはまだどこからも受け取っておりません。
皆様のご協力を、どうかよろしくお願いします。


==◇ スケジュール(現在決まっているもの) ◇==============================
最新情報は、HPにて随時ご確認ください。
http://npopeaceon.org/

■Hani Al-Dalla Ali展(個展・新作中心)■
11月21日(月)~12月3日(土)午前11時~午後7時(最終日は午後4時まで)
中和ギャラリー 東京都中央区銀座6-4-8曽根ビル3F 03-3575-7620
http://www.chu-wa.com/ *日曜祝日は休廊
★作家在廊日:21日(月)午後
●21日午後5時~オープニングパーティー開催
(無料・軽食や飲み物などの持ち寄り歓迎)

■イラク現代アート展(LAN TO IRAQ in KAWAGOE)■
11月18日(金)~11月23日(水)午前10時~午後8時(最終日は午後6時まで)
クラッセ川越5F川越市国際交流センター  埼玉県川越市菅原町23-10
JR・東武東上線川越駅東口から徒歩約3分 *火曜休館
http://www.eng.toyo.ac.jp/~kyougaku/satellite/2003/ce/kurasse.html
★作家在館日:23日午後4時~
●作家講演:23日午後6時から同館6F多目的ホールにて 参加費500円
主催&お問合せ:イラク現代アート展実行委員会 0492-22-9879

■アートライブ ハニ・デラ・アリvs増山麗奈■
11月26日(土)午後1時~午後4時 参加費1000円
レストランらくだ 京王線千歳烏山駅西口徒歩5分 03-5313-8151
主催&お問合せ:NPO法人PEACE ON
※チラシ(PDF)がダウンロードできます。印刷してお使いください。
http://npopeaceon.org/word/051126artlive.pdf

■PEACE ONイラク人職員&画家来日記念「そうだ!イラクの友に聞いてみよう」■
11月27日(日)午後2時半~午後5時半 参加費1000円(賛同者500円)
養源寺白華会館ホール 文京区千駄木5-38-3 Tel/03-3828-0185
http://bunkyoku-town.com/map/bn000311
南北線本駒込駅徒歩3分(PEACE ON事務所隣) 主催&お問合せ:NPO法人PEACE ON
●終了後19:00よりレストランzakuro(http://zakuro.oops.jp/)にて、交流パーティを開催します。
中東料理や水タバコを囲みながら、皆で楽しくお喋りを弾ませましょう。ディナー+お楽しみつき5000円(会員4000円)。先着50名様まで受付。お申し込みはPEACE ON事務局まで。
※チラシ(PDF)がダウンロードできます。両面印刷してお使いください。
http://npopeaceon.org/word/051127iraqnotomo.pdf

■ハニ・デラ・アリ展「イラク 矢臼別~Save Children Save the future~」■
11月29日(火)~12月4日(日)午前10時~午後7時(予定)
ギャラリー大通り美術館 B展示室 札幌市中央区大通西5丁目11 大五ビル
●講演:12月1日(木)札幌エルプラザ ホールにて(作家&現地スタッフ)
http://www.danjyo.sl-plaza.jp/information/
●12月2日(金)上記展覧会場にてハニ氏アートトーク
●12月2日(金)函館にてサラマッド氏講演(詳細はお問合せください)
主催:セイブイラクチルドレン札幌ほか お問合せ:090-1529-8528(千葉)


==◇ 総合お問い合わせ ◇==============================
特定非営利活動法人PEACE ON
〒113-0022東京都文京区千駄木5-38-4
TEL/FAX03-3823-5508
http://npopeaceon.org
office@npopeaceon.org
LAN TO IRAQ(イラク人作家による現代アート展)
http://npopeaceon.org/lantoiraq/index.html


==◇ プロフィール ◇==============================
ハニ・デラ・アリ Hani Al-Dalla Ali
http://npopeaceon.org/lantoiraq/contents/hani/index.html
1969年、イラク、ヒート生まれ バグダード大学造形芸術(絵画)科卒業
1988年、バグダードの造形芸術院にて個展
1996年、ヨルダンのシャバーブ・アル・ザルカに出展
2001年、バグダードのアカブ・ギャラリーに出展
2002年、バグダード造形芸術国際フェスティバルに出展
2003年、バグダードのアル・アブダ・ギャラリーにて6人展
2004年、バグダード、アンマン、日本、韓国など各地の展覧会に出展
10月から2005年2月まで、ポーランド文化省の招待で美術品修復の技術を学ぶためポーランドのアカデミー・ファイン・アートに留学
イラク芸術家協会会員  イラク造形芸術家協会会員

サラマッド・ハキ・モハメッド Sarmad Haqi Momammed
1974年、バグダード生まれ
1998年、バグダード大学卒業(農業技師)
2000年、観光ガイド資格取得
2001~2003年、イラク文化省観光局ガイド
2003年3月~4月アメリカによるイラク攻撃の際、「HUMAN SHIELDS」(人間の盾)のガイドを担当し相澤恭行と出会う。同年10月相澤とNGO、「PEACE ON」を立ち上げ、バグダード支部長としてイラク支援&文化交流活動を始める。2004年5月フランス人元人間の盾アマラ・セルアリと結婚。2005年9月からNPO法人PEACE ON理事。

アマラ・ハキ・モハメッド Amara Haqi Mohammed(旧姓セルアリ Sellali )
1970年、フランス生まれ(両親はアルジェリア人)
イギリスでソーシャル・ワーカーの資格を取得し、1993年から子ども達と家族の社会福祉事業中心に活動。2003年3月~4月イラクにて「人間の盾」に参加。同年PEACE ONと共にイラク支援&文化交流活動を始め、フランスとイラクを往復。2004年5月サラマッドと結婚。現在は夫婦でバグダードに住みPEACEONのイラク現地スタッフとして活動。

相澤 恭行 Yasuyuki‘Yatch’Aizawa
特定非営利活動法人PEACE ON 代表・理事
http://peaceonyatch.way-nifty.com/peace_on_iraq/
宮城県気仙沼市出身。1971年生まれ。1996年まで音楽を中心に活動。その後アイルランド留学等を通じて国際交流に力を入れる。2003年2月「イラク国際市民調査団」、3~4月「人間の盾」に参加してバグダード陥落まで滞在。帰国後は全国各地で講演活動を続け、NPO法人「PEACE ON」の設立に取組む。 同年10月再度イラク入国。バグダード在住のイラク人現地スタッフ、サラマッド氏とともに、PEACE ONのイラク支援プロジェクトとして盲学校へのスクールバスサービスを開始。2004年2~4月、4度目のイラク入国、福祉施設等への支援や文化交流、現代アート作家との交流を行う。5月にはファルージャにて緊急支援を実施。 7月~8月、バグダード現地事務所を設立し、支援、文化交流活動を行う。その後はイラクの治安悪化を受けて現地入りは見合わせているが、現地スタッフを通じて支援を継続中。国内では各地講演会やイラク現代アート展を中心に活動。

◆転送・転載ここまで◆
 

アンマンにて

 投稿者:かおり  投稿日:2005年 9月27日(火)02時45分30秒
  ヨルダンに来ています。
標高が高いので、アラブといえど朝晩は寒いほど。
そんな気候のために、あと肌を露出しないようにと、長袖長ズボンの日々。
日本にいる時より体調もいいし、アラブはガサツでおもろいなあ思います。

■wattan.へ
ぎゃー、ばれちゃった。呪いかけられちゃった。

こんな弱小サイトを、気がつけば5年ほどやっとります。

Mixiは使い様にもよるけど、なんとなく飽きてきた感。自作コミュニティだけはがんばりますけどね。
わたーんは如何でしょう。わたーんが暴れるの、楽しみにしていますよ。

そしてわたーんがまたアラブ入りするのも、密かに楽しみにしています(ナンチテ)。
 

レンタル掲示板
/10