teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


びんさん。今年もよろしく。

 投稿者:健康です。  投稿日:2016年 1月21日(木)13時16分10秒
  ようやく自分のペースを作る事が出来るよう
にりました。 京都に来られたら、ぜひ見に
来てくだい。


     第16回「歩人21」写真展

日時 平成28年 2月3日(水)~2月9日(火)
   午前11時~午後7時(最終日は午後4時まで)

会場 ぎゃらりぃ西利 祇園店3階

 三人展  山田登造 「こどもの世界」(国内外)
       前田久美子 「サイクリングは人生だ」(国内)                   紺谷太六   「小さな公園の四季」(枚方)

 会員コーナー

  青木耕之助 大西宗雄   奥山陽子 加藤恭孝 斎藤昭一
  酒井 均    楼井弘子     佐藤詔征    佐藤雅子  杉本孝之
  月安健氏   酉ロサキ子    二神栄一     横谷幸子

  溝縁ひろし先生(JPS ) 会員
                         -
 
 

ことしもよろしく

 投稿者:健康です。  投稿日:2016年 1月20日(水)05時10分13秒
  ようやく今年になって初めてパソコンに向か事が出来るように
なりました。今年も好きな写真を続けていこうと思います。
NHKの文化センターの「写真クラブ」で春から続けていこうと
思います。
 

賀正

 投稿者:godzilla  投稿日:2015年 1月 1日(木)11時48分39秒
  BINさん。
明けましておめでとうございます。

昨年に引き続き、今年もよろしくお願いいたします。

今年がBINさんにとって、どうか素敵な一年になりますように。
 

ルールや用具を人間に合わせることでスポーツの楽しさは何倍にも広がる!

 投稿者:健康です。  投稿日:2013年 7月21日(日)16時27分39秒
  ルールや用具を人間に合わせることでスポーツの楽しさは何倍にも広がる!
「障がい者スポーツ」と聞けば、特別なスポーツだと思う人もいるかもしれない。私たちが何かスポーツを行うときには、そのスポーツに合わせて身体能力を高めたり鍛えたりするのが一般的だ。そうではなく、スポーツを人間に合わせるというのが障がい者スポーツの基本概念。「障がい者だけでなく、小さな子どもや高齢者、様々な人がスポーツの楽しさを享受できる。アダプテッド・スポーツと呼ばれることもあります」と藤田紀昭教授は説明する。昨年、ロンドンで行われたパラリンピックでは、自分の力でラケットを握れない選手が電動車いすに乗ってテニスの試合に出場した。ルールや用具、技術を工夫することで、障がいをもった選手が世界の舞台で活躍できる! そのことが証明できれば、同じような境遇の人たちにとって大きな励みになるだろう。

では、障がい者スポーツをどのように広めていけばいいのだろうか? 藤田教授は公益財団法人笹川スポーツ財団と共同で、全国の障がい者スポーツ施設やスポーツクラブの実態調査を進めている。どれくらいの障がい者が、どんな形でどのように施設を利用しているのか…。これまであまり研究されてこなかった分野だという。「障がい者が受け入れられない最も大きな理由は、彼らを指導できる人材がいないということ」。全国で障がい者スポーツの指導員の有資格者はおよそ2万人。しかし、東京や大阪などの大都市圏に集中し、地方の施設ではまだまだ不足しているという。「特別な資格を持った人材に頼るのではなく、体育の教員や地域スポーツに関わっている人が障がい者の指導を担えるようになれば」と意気込みを語る。


障がい者とのフィールドワークを通して地域社会で活躍する指導員を育成
障がいのある人すべての特徴を理解した上で、スポーツを教えることは現実的には難しい。例えば、脳性まひの人は緊張しやすく、驚くと声が出なくなったりうまく話せなくなったりするという。指導する側が「早く、早く!」と急かしてしまうと、どんどん緊張して逆効果になってしまうかもしれない。また、視覚に障がいのある人は、自分が今どこを向いているのか分からない場合がある。エアロビクスなどの運動をするとき、いろんな方向から音楽が流れてくると、正面がどちらか分からず不安になってしまうだろう。「コミュニケーションが指導の基本です。私たち自身も学びながら、障がい者と共にスポーツを楽しむという姿勢が大切です」と説明する。

藤田教授は障がい者スポーツの現場に出かけ、障がい者と積極的に触れ合うフィールドワークに取り組んでいる。公益財団法人国際障害者年記念ナイスハート基金とのコラボレーション事業では、知的障がいのある人の運動会に参加し、学生たちが中心となってストレッ
チ運動やスポーツの指導を行った。例えば、じゃんけんを行うときでも、自分が何回勝ったのか判断できない障がい者もいる。だが、勝った相手から洗濯ばさみをもらって、自分の衣服に挟んでおけば判断に迷うことはないだろう。一昨年、昨年の同志社大学の大学祭では、パラリンピックに出場した車いすバスケットボール選手を招いてデモンストレーションを行うなど、学生発の取り組みもどんどん行われるようになった。このイベントに参加した子どもから大人までほとんどの人は障がい者や障がい者スポーツにポジティブなイメージを持つようになったという。そして、「障がいのある人にとって分かりやすい指導というのは、子どもや高齢者でも理解してもらいやすい。教育の幅広い現場で応用が可能だと思います」と藤田教授は胸を張る。


“創るスポーツ” の提唱で一人ひとりが主人公の社会を実現
藤田教授のもとには、「障がい者一人ひとりが楽しめる新しいスポーツを考えてほしい」という依頼が寄せられるという。先ほどのナイスハート基金が主催する運動会においても、いくつかのニュースポーツを提案して好評を得た。例えば、ネットを挟んでたくさんの風船をお互いに入れ合う「風船バレー」。相手コートに一つでも多くの風船を入れたチームが勝ち。自分の投げた風船がポイントに数えられるので、力のない人でも主人公となってスポーツの醍醐味を味わうことができる。参加者たちはふわふわ浮かぶ風船を追いかけ、夢中になって汗を流したという。

もう一つ、学校でバスケットボールの試合をするとき、車いすの生徒は見学するか審判をするかという選択肢しかなかった。しかし、「今までの見方を変えることで、障がいのある人もそうでない人も共に参加できるユニバーサルなスポーツが創造できます」。例えば、車いす専用のゾーンをコートの中に設け、相手チームにも車いすに乗った選手を一人用意する。車いす以外のゾーンでできるパスは2回まで。その後、必ず1回は車いすゾーンにパスする…というルールを決めれば、たちまち誰もが楽しめるアダプテッドなスポーツが展開できる。従来、スポーツには「するスポーツ」「見るスポーツ」「支えるスポーツ」があると言われてきたが、「私たちは“創るスポーツ”を提唱していきたいと思っています」と藤田教授。ゼミ生たちの間からも、斬新な感性を生かしたアダプテッド・スポーツのアイデアがどんどん生まれているといい、今後は一冊のレポートとして社会に広く提
案していく予定だという。

ロンドンオリンピックが閉幕した翌日、イギリスではオリンピックに参加した選手とパラリンピックに参加した選手が手を取り合ってパレードを行ったという。「近い将来、そんな風景が当たり前に見られる世の中になればいいですね」と夢を描く。


スポーツ健康科学部 スポーツ健康科学科 藤田 紀昭 教授

専門分野は、障がい者スポーツ、アダプテッド・スポーツの研究。研究室に留まるだけでなく、地域社会や福祉法人、企業などと協働し、障がい者と積極的に関わることで、身体を動かす楽しさ、素晴らしさを伝えている。障がい者スポーツを指導できる人材育成にも熱心に取り組む。趣味は、落語や時代小説の鑑賞。「江戸もの限定です」。愛読書を片手に、下町情緒あふれる古い名所旧跡を回るのが楽しみなのだとか。


同志社大学リエゾンオフィスニューズレター「LIAISON」 vol.39 掲載
 

久しぶりですね。

 投稿者:健康です。  投稿日:2013年 7月21日(日)16時24分12秒
  健康のホームページの書き込み欄が機能しません。  

賀正

 投稿者:godzilla  投稿日:2013年 1月 1日(火)22時49分42秒
  BINさん、明けましておめでとうございます。
今年がいい年になりますように。
 

毎日、元気に。

 投稿者:健康です。  投稿日:2012年 3月28日(水)06時37分4秒
  今日も仕事、ご苦労さん。  

健康です。

 投稿者:健康の日記  投稿日:2012年 1月 4日(水)07時36分15秒
  仕事があるのは大変に良いですね。多く人々と接するが出来て良いと思います。  

謹賀新年

 投稿者:godzilla  投稿日:2012年 1月 1日(日)10時18分51秒
  binさん、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

今年がbinさんにとって いい年になりますように。
 

来年もよろしく

 投稿者:godzilla  投稿日:2011年12月31日(土)21時20分7秒
  binさん、こんばんは。

大みそかになりました。
決していい年ではなかった2011年。

来年2012年は、ぜひともいい年になって欲しいと心から思います。
でも厳しいかも。
最低でも、「来年がさほど悪い年になりませんように。」と念じます。
後ろ向きかもしれませんが、それが今の私の切実な心からの思い。

来年、あるいは来年以降。
「自衛」する姿勢があるかないかで、人々の明暗が大きく分かれる状態になるんじゃないかなって思えてならないgodzillaです。

どうぞ、来年がbinさんにとっていい年になりますように。
 

レンタル掲示板
/23